スポンサーサイト

Category : スポンサー広告 |

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今シーズンの成果(遠征編)

Category : 野鳥 |

mysterious1.jpg
Eastern Marsh Harrier Circus spilonotus

今シーズン遠征先のチュウヒをまとめてみます。

この個体は、国内型雄か?大陸型雌か?よく分かりません。
悩ましい個体です・・


jimi♀
地味系国内型雌。虹彩の色は暗色。
似た個体が他にもいます。

kokunai♀2
この国内型雌は虹彩が黄色。

jimi♂
地味系国内型雄。上面も地味・・
次列風切の翼帯で雄と判断しました。

kokunai♂
国内型雄。
初列雨覆が綺麗な灰色味を帯びています。

bahu.jpg
国内型雄の中では最も淡色の部類に入るタイプなのではないでしょうか。

juv.jpg
おそらく雄の幼鳥。飛んでる時、コンパクトに見えました。
他に頭から胸までクリーム色の幼鳥もいましたので、
幼鳥は最低でも2個体は確認できました。

mysterious2.jpg
このチュウヒも悩ましい個体なのだけど、
大陸型雌で良いのでは、と思っています。

tairiku♂
大陸型雄です。
今シーズンは別の場所でも大陸雄が観察できました。
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバック一覧

コメント一覧

#59 春な忘れそ・・・
6個体は昨年11~12月私も観察していると思います。
一番上の個体が分かりません(?_?)
シーズン当初の当地の全体の印象は、亜成か成鳥が多く、はっきりした幼鳥が少ないことでした。
白っぽいのは(バフ?)雄ですか???雌では巣ごもり中危険すぎますかね。大陸の淡色系雌って言えませんかねえ。
#60 (藪じい改め)引きこもり爺さまへ
白っぽいのは国内型雄という印象でした。
しかし、次列風切がめっさ綺麗な青灰色をしているところが大陸型のようでもありますので、はっきり国内型雄と断言はできないかもしれませんね。
まあ、いろいろと交雑しているのかもしれませんし、隔世的に特徴が突出してくるのかとも思っています。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。