スポンサーサイト

Category : スポンサー広告 |

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今シーズンの成果

Category : 野鳥 |


今シーズン確認できた地元チュウヒを振り返ってみました。
まずは国内型雄の若い個体。虹彩に濁りが残り、
左翼初列風切の2番目(P2)には翼帯がなく、
旧羽の幼羽であることから、
この個体は雄の第2回冬羽と思われる。

IMG_7760_1_R1.jpg
次に国内型雌、地味系で猿顔の個体。

IMG_7687_1_R1.jpg
この個体も地味系猿顔の国内型雌。
前の個体とよく似ているけども、
胸・下雨覆の模様が異なることから別個体と判断しました。

IMG_7603_1_R1.jpg
幼鳥。クリーム色の目立つ個体。

IMG_0865_R1.jpg
国内型雄。虹彩は黄色である。
上面の中央尾羽のみのグレーがインプレッシブな個体。

IMG_1184_1_R1.jpg
よく分からない個体。昨年の12月に一度現れただけである。
移動途中の個体であろう・・

IMG_2417_1_R1.jpg
今年になって確認した個体。やはり移動途中の個体なのか?
おそらく国内型雌で第2回冬羽なのであろう・・
次列風切のなかには換羽しているものもあるのだが、
頭部に幼羽が残っている部分があり、
下雨覆や胸部からも幼い様子がうかがえる。

以上7個体のチュウヒを簡単にまとめてみました。
遠征先のチュウヒはまた後日、整理してみたいと思います。




スポンサーサイト

西へ・・

Category : 野鳥 |


Common Starling Sturnus vulgaris

西の猛禽ランドに行って来ました。
ホシムクの下雨覆はバフ色なのですね・・

群れ

Category : 野鳥 |


Brambling Fringilla Montifringilla

アトリの大きな群れに出会いました。
群れの一部を切り取ってみると、
オレンジ、白、褐色のパターンのコントラストが鮮やかである。
普通種だけども改めて綺麗な鳥だなと思いました。

モンゴル?

Category : 野鳥 |


昨日、県北にて撮影。
左の個体はバイカル湖周辺やモンゴルで繁殖するタイプかな?
この時期にしては、けっこう白いし・・
右のはセグロカモメ( Vega Gull Larus Vegae )です。

2011

Category : 野鳥 |


Long-tailed Rosefinch(male) Uragus sibiricus

本年も宜しくお願い申し上げます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。